return_to_forever

Flat Panel TV and Display World + Solar Power beyond

薄型テレビと関連する液晶・有機EL・プラズマ技術、業界企業そして市場トレンド情報を掲載していきます。 このブログで激しい市場の動きに追随できます。---- Since Nov.2004

装置

2 Feb

LGD、Samsung系列のSemesから8G対応LCD製造装置の購入へ

韓国LG Display(LGD)が、ライバルの韓国Samsung Electronicsが株式63.87%を保有しているLCD製造装置メーカー韓国Semesから装置を購入する。
購入するのは、第8世代(8G、基板サイズ2,200×2,500mm)対応のエッチャーやストリッパー、洗浄装置など。
Semesは1995年設立の半導体/LCD製造装置メーカーで、これまで8G対応ではSamsungや同社とソニーの合弁会社である韓国S-LCDなどに納入実績がある。
2 Feb

ニコン、中国に大型液晶製造装置 数百億円規模を受注

ニコンは中国の液晶パネルメーカー、北京BOEディスプレーテクノロジー(BOE)から大型の液晶パネルの製造装置を受注した。受注額は数百億円規模とみられる。2010年末から順次出荷する。中国の液晶テレビ市場は急拡大しており、近く世界最大の市場になるとみられる。内外の液晶パネルメーカーが最先端の大型パネル製造を相次いで計画していることに対応。中国市場に本格参入する。
受注したのは「第8.5世代」とよばれる大型液晶パネル向けの露光装置「FXシリーズ」。受注台数は16台。中国での商談ノウハウの不足を補うため、今回は丸紅を通じて供給する。ニコンは受注額を明らかにしていないが、液晶露光装置は1台数十億円規模のため、総額は数百億円に達する。同社にとって最大級の受注案件になる。
29 Nov

ブイ・テク、2009年度上期の当期利益は前年同期比198.9%増に

シャープ堺にUV2A技術を導入したのをきっかけに、他メーカーにも売込みが好調のようですね。画質にこだわっていますが、但し生産コストが上がってしまう副作用がありますが、、、、


ブイ・テクノロジーは11月26日、2009年度上期(2009.4~9)の売上高が前年同期比51.4%増の91億9500万円になったと発表した。当期利益は同198.9%増の8億4000万円となった。製品別売上高は、LCD用検査装置が同142.0%増の8億4200万円、測定装置が同32.8%増の14億9000万円、修正装置が同69.2%減の12億6900万円、前年同期は売上が計上されなかった露光装置「EGIS」は51億7900万円となった。2009年度第2四半期の売上高は53億8200万円、営業利益率は20.2%を記録するなど、「設立以来の最高の業績を記録した四半期だった」(社長 杉本重人氏)。9月末時点の受注残127億5500万円のうち、露光装置は83億円、検査装置は44億円。露光装置以外の既存装置
の売上高は概ね半減したが、光配向用露光装置の販売が本格化したことで落ち込みをカバーしたという。カラーフィルタ(CF)用EGISについては、すでに韓国LCDメーカーと国内CFメーカーから量産での認証を得ており、「新規投資の際は受注したい」という。現在使用されているプロキシミティ露光装置と同レベルの価格で営業活動を開始し、「3年後にはCF露光装置でシェア70%を目指す」。2009年度通期の全社売上高は185億円、当期利益は12億円を見込んでいる。



 

当サイトの記事検索ができます。 ↓キーワードを入力ください
Loading

過去の記事
訪問者数

ギャラリー
  • 強さの秘密は「ぶれない」「媚びない」「悩まない」にあり!アジアの勝ち組企業「LGエレクトロニクス」編
  • スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始
  • Samsung postpones production of flexible AMOLED screens
  • ソニーが4K×2K対応の84型液晶テレビを日本でも発売
  • 「iPhone 5」の部品コスト、16GB版は推定167ドル
  • サムソンが反iPhone5の全面広告
  • [台湾報道] iPhone5、サプライチェーン・部品供給と業界動向
  • 存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」
  • 中国内陸、世界の精密工場「富士康」(フォックスコン) iPhoneもここから
  • BOE to set up new 8.5G plant in Hefei
最新コメント
QRコード
QRコード