return_to_forever

Flat Panel TV and Display World + Solar Power beyond

薄型テレビと関連する液晶・有機EL・プラズマ技術、業界企業そして市場トレンド情報を掲載していきます。 このブログで激しい市場の動きに追随できます。---- Since Nov.2004

TPV

31 May

Wistron、TV事業部をTPVに売却交渉

WistronがTV事業部をTPVに売却する交渉に入っており、両社社長が4月末にTV事業売却や買収のための会合をしたと台湾のメディアが報じた。 2011年に同TV事業部がWistronの総売上高に占める割合は7?8%を占めている。最近の主な顧客であるSonyとToshibaのTV事業の不振により危機に直面し、第1四半期のTV出荷台数は、昨年第4四半期の188万台から120万台に急減し、第1四半期のTV事業部は赤字を記録した。 FoxconnはSonyのメキシコTV工場を買収し、今年800?900万台の供給保証を引き受けた。
続きを読む »
7 May

長城電脳、南京に第10世代液晶パネル工場建設

国有の大型IT企業グループ、中国電子信息産業集団(CEC)傘下で、深セン上場の中国長城計算機深セン股フン(長城電脳)はこのほど、第10世代のTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレー)の工場を新設すると発表した。江蘇省南京市に合弁会社を設けて生産する。投資総額は350億元(約4,476億5,000万円)。工期や生産能力は明らかにしていない。
長城電脳の発表によると、液晶モニター製造世界最大手、台湾の冠捷科技(TPV)が設けた香港子会社で、パソコンモニター販売や部材調達を手掛ける「トップビクトリー・インベストメンツ(トップビクトリー)」とCECなどが出資する南京市のパネルメーカーである「熊猫液晶」が合弁会社設立で合意した。資本金は175億元。出資比率はトップビクトリーが0.8%、熊猫液晶が99.2%。合弁会社は60インチと70インチの第10世代TFT-LCDのほか、光学フィルター、LCDモジュールなどを生産する。合弁会社はトップビクトリーと供給枠組みを締結しており、トップビクトリーに調達の優先権がある。
長城電脳によると、60インチと70インチの第10世代TFT-LCD生産は中国初という。生産によって安定供給を確保し、大型テレビ分野での競争力向上を図る。
長城電脳はこのほど、今年1~3月の売上高は昨年同期比17.2%減の156億2,300万元、純利益が93.1%減の370万元だったと発表した。
17 Apr

Philipsブランドのテレビ事業、「スマートテレビに注力する」

TP Vision社はPhilips社のテレビ事業を移管する形で設立した会社で、2012年4月2日に立ち上げに関する契約が完了したと発表されている。合弁会社の株式保有比率はPhilips社が30%でTPV Technology社が70%。
今後はTP Vision社が「Philips」ブランドのテレビの開発や製造、マーケティングなどを担当する。本社は、オランダ・アムステルダム。今回の事業移管に伴い、Philips社の従業員約3300人が、TP Vision社に籍を移す。

continue to full story
 

20 Feb

Philips and TPV want to introduce a OLED-Tv prototype at IFA-2012

Philips announced today there new Smart-Tv LED-LCD-TV lineup for 2012. Philips want to introduce the Philips 7000 Series, Philips 6000 Series Philips 4000 Series, Philips 3500 Series. The joint venture with Philips and the taiwanese company TPV want also to introduce a OLED-Tv prototpye soon. 続きを読む »
22 Apr

Philipsがテレビ事業の幕引きへ、TPVとの合弁会社に事業移管

オランダRoyal Philips Electronics社は、台湾TPV Technology Ltd.との間で合弁会社を設立、Philips社のテレビ事業を合弁会社へ移管すると発表した。合弁会社の株式保有比率はPhilips社が30%でTPV社が70%。Philips社は合弁設立6年後にすべての株式をTPVに売却できる権利も持つ。株式を売却すれば、Philips社は長年にわたって中核事業だったテレビ事業から完全に手を引くことになる。

続きを読む »
11 Feb

LG Display May Set Up Production Line in Poland With TPV, Newspim Reports

LG Display Co., the world’s second- largest maker of liquid-crystal displays, said it’s in talks withTPV Technology Ltd. to form a venture in Poland to manufacture LCD modules and televisions.

The venture will help reduce production costs by making TV parts and sets in one factory, Claire Ohm, a Seoul-based spokeswoman for LG Display, said in a telephone interview today. LG has similar operations in China with TPV and AmTran Technology Co.

The company is yet to decide on investments and when to begin production, Ohm said. Newspim, a Korean-language online news provider, reported LG Display’s plan earlier today.

To contact the reporter on this story: Jun Yang in Seoul at jyang180@bloomberg.net



26 Oct

AUO and TPV to set up plant in Russia, says report

Eyeing the business opportunities in emerging markets, AU Optronics (AUO) reportedly will set up an LCD module (LCM) and system assembly plant in Russia with TPV Technology, according to a Chinese-language report on the Economic Daily News (EDN).

The report noted that AUO declined to comment as the company is in its silent period ahead of its quarterly investors' conference.

24 Jul

TPV、PhilipsからTV事業を買収か ? 中国語ウェブサイトが報道

台湾TPV Technologyが、蘭Royal Philips ElectronicsのTV事業を買収すると中国語ウェブサイトcheaa.comが報じた。
同サイトによると、両社はこの件に関して長期間、議論を重ねてきた結果、TPVがPhilipsのTV事業に関するブランドネーム/製品/関連特許/役員/在庫などを引き受けることになるという。
買収額などの詳細は明かされていない。
なお、Philipsは、2010年のLCD TV生産台数として1,400万~1,500万台を計画している。
30 Jun

TPV/LGD、中国にLCD TV組立/LCM製造の合弁会社などを設立

中国TPV Technologyと韓国LG Display(LGD)が、中国・厦門(Xiamen)にLCD TV組立とLCDモジュール(LCM)製造の合弁会社「L&T Display Technology(Xiamen)」を設立した。
また、同時に中国・福建省(Fujian)には、モニター製造の合弁会社「L&T Display Technology(Fujian)」を設立。
資本金は厦門法人が3,400万ドル、福建法人が5,000万ドルで、出資比率はTPVが49%、LGDが51%。
なお、すでにL&T Display Technology本体は、2010年初めから活動を開始している。
TPVは、厦門法人で2010年内にLCD TV1,800万台以上を生産/出荷する計画。
主な顧客は、韓国LG Electronics(LGE)、蘭Royal Philips Electronics、台湾AmTRAN Technology、東芝、中国のHaierとKonka、米Best Buyなどである。
27 Mar

TPV、シャープからLCD TVのOEM生産を受注

台湾TPV Technologyが、三井商事を介してシャープからLCD TVのOEM生産を受注した。
DIGITIMESが報じた。
三井商事は、シャープのLCD TV販売における主要代理店で、TPVの株式20%を保有する第2位の株主でもある。
こうした関係が、TPVのシャープからの受注獲得に大きく寄与したとみられる。
TPVの2010年におけるLCD TV生産台数は1,800万台と予想され、主な顧客はシャープの他、東芝、米Vizio、韓国LG Electronics(LGE)、蘭Royal Philips Electronics、中国Haier、同Konkaなど。
なお、TPVの最大の株主は中国China Electronics(CEC)で、株式保有率は30%以上である。
当サイトの記事検索ができます。 ↓キーワードを入力ください
Loading

過去の記事
訪問者数

ギャラリー
  • 強さの秘密は「ぶれない」「媚びない」「悩まない」にあり!アジアの勝ち組企業「LGエレクトロニクス」編
  • スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始
  • Samsung postpones production of flexible AMOLED screens
  • ソニーが4K×2K対応の84型液晶テレビを日本でも発売
  • 「iPhone 5」の部品コスト、16GB版は推定167ドル
  • サムソンが反iPhone5の全面広告
  • [台湾報道] iPhone5、サプライチェーン・部品供給と業界動向
  • 存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」
  • 中国内陸、世界の精密工場「富士康」(フォックスコン) iPhoneもここから
  • BOE to set up new 8.5G plant in Hefei
最新コメント
QRコード
QRコード