return_to_forever

Flat Panel TV and Display World + Solar Power beyond

薄型テレビと関連する液晶・有機EL・プラズマ技術、業界企業そして市場トレンド情報を掲載していきます。 このブログで激しい市場の動きに追随できます。---- Since Nov.2004

市場トレンド

6 Oct

スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始

1ジャパンディスプレイは5型で1920×1080画素のスマートフォン用液晶パネルを、2012年10月に量産開始する。精細度は443ppiである。仕様が同じ液晶パネルは、シャープが2012年9月末に量産を開始したばかりである他、韓国LG Display社も2012年下期の量産を計画している。スマートフォン用液晶パネルのフルHD対応が、一気に加速しそうだ。


続きを読む »
4 Oct

パナソニック・ソニー・シャープなど、スマートTVで研究会-普及に向け環境整備

パナソニック、ソニー、シャープ、東芝などは、インターネット経由で映像配信やソーシャルメディアを楽しむスマートテレビ(用語参照)の共同研究に乗り出した。
 新設した研究会で製品の定義や市場調査などを行い、年内に報告書をまとめる。韓国のサムスン電子やLG電子がスマートテレビと銘打った商品を2011年から本格投入。今後テレビ市場の主流になる可能性があるが、業界内で定義や製品仕様などはまだ確立していない。国内大手が集まって次世代テレビ市場の主導権獲得へ動きだす。
 「次世代テレビに関する検討会」は電子情報技術産業協会(JEITA)内に事務局を設置。家電大手のほかに、NTTやソフトバンクグループ、電通、フジテレビジョンなども参加している。オブザーバーとして経済産業省と総務省も名を連ねた。


2 Oct

大型TFT液晶パネルの生産動向

2012年Q2(4~6月期)のグローバルの大型TFT液晶パネル生産は、QOQ+8.9%の約6,410万/月であった。アプリケーション別のパネル生産枚数は、iPadの新規モデルの投入効果でタブレット用パネルがQOQ+23%の増加、ノートPC(ネットブックを含む)もQOQ+12.9%とモバイル系のIT製品は好調に推移している。TV用パネルもQOQ+8.1%と前四半期から反転増となったが、モニター用パネルはQOQ-2.4%と4期連続のマイナスが続いている。




続きを読む »
2 Oct

[赤旗新聞] 13万人電機リストラに反撃/「経営危機」口実に雇用犠牲の収益確 保

電機産業の大企業を中心に13万人ともいわれる規模のリストラがすすめられています。そのなかで、退職強要や遠隔地配転が横行。雇用と地域経済を守ろうと全国でリストラに反対するたたかいが広がっています。
 パナソニック4万人、NEC1万人、リコー1万人、ソニー1万人、シャープ1万人、半導体大手・ルネサスエレクトロニクス1万4000人…。
 今回、電機大企業が発表した主なリストラ計画は、全国各地の工場を廃止・縮小するもの。ルネサスは、国内18工場のうち9工場を売却、縮小する計画を発表するなど、各地でリストラをすすめ、地域経済を直撃する事態になっています。
 電機大企業は、デジタル家電や半導体での収益悪化で「危機」をあおりたてています。
 しかし、電機大企業が抱える内部留保は、昨年より減少したものの、パナソニック3兆3043億円、NEC5586億円、リコー1兆1623億円、ソニー2兆6249億円、シャープ5505億円(2012年3月期、各社有価証券報告書より全労連・労働総研調べ)など、合わせて26兆円(主要企業19社)にものぼります。




続きを読む »
29 Sep

タッチパネル市場動向 タッチパネル内蔵方式

先日販売が開始されたiPhone 5には、タッチパネル機能内蔵方式のLCDパネルが搭載されており、業界でも高い注目を浴びている。
従来のタッチパネル方式は、ガラスカバーなどLCDパネル外部にタッチセンサ層を取り付ける構造になっているが、現在LCDパネルメーカーが注力している内蔵方式では、LCDパネル内部にタッチセンサを形成する。
内蔵方式には大きく分けて2種類があり、カラーフィルタ(CF)基板の上面にタッチセンサを形成するオンセル方式、CF基板の下面、もしくはTFTアレイにタッチセンサを形成するインセル方式に大別される。




続きを読む »
27 Sep

CMI/AUO、中小型OLED(有機EL)パネルの歩留り上がらず

DigiTimesによると、台湾Chimei Innolux(CMI)とAU Optronics(AUO)が中小型有機EL(OLED)パネルの生産で低い歩留りに悩まされているという。CMIのカラーフィルタ付き白色OLEDパネルの生産ラインは、歩留りが直近20%に留まる。高い材料コストおよび予想以上の低歩留りにより、量産開始は2013年第2四半期以降にずれ込む可能性も指摘されている。一方、AUOの4.3型(257ppi)OLEDパネルの歩留りは50%で、既存の真空成膜プロセスを採用しているという。



26 Sep

携帯電話・スマートフォン向けディスプレイの市場動向

2012年Q2の携帯電話・スマートフォン向けディスプレイ市場は、YOY-4%、QOQ-5%の月産平均約1億2,000万枚で推移した。例年どおりであれば、Q2は出荷量が拡大するタイミングである。しかし今年は主要端末メーカーがディスプレイ調達を慎重に行ったことから、前期に対し出荷量が減少する結果となった。
特にiPhone5の買い控えの影響を受けたハイエンド端末が不振であり、LTPSモジュールの出荷量は大幅に減少した。

端末メーカー別の状況は、NokiaがLTPSの調達量を大幅に減少させた他、AM-OLEDの調達量も減少するなど、ハイエンド製品で苦戦が続いている。同社はWindows OSを搭載した「Lumia」シリーズの新機種を発表し、北米市場でのプロモーションに注力したものの、市場の注目は得られていない状況にある。




続きを読む »
22 Sep

2012年のMOCVD装置市場、アジアが全体の90%へ

DigiTimesによると、2012年のMOCVD装置市場は台数ベースでアジアが全体の90%を占める見込みという。前年比で10ポイント増となるもので、地域別シェアは中国が68%、台湾が13%、韓国が5%、日本が4%、欧米その他が10%となる見通し。ただし、日韓台のLEDチップメーカーは競争力を維持しており、中国メーカーは引き続き大幅な技術的改善を図る必要があるだろうとしている。



21 Sep

反射防止フィルム市場・技術動向

反射防止フィルム市場では、2010年からLCD-TV分野において「低ヘイズAG vs. クリアLR」の戦いが表面化しましたが、価格競争力の高い低ヘイズAGが勝ち残った上、2011~2012年にかけて、ヘイズ値5未満の超低ヘイズAGの採用が本格化しました。
2012年は、こうした動きの一方で、低価格なAG・LRが採用される可能性も生じています。一方、PDP分野ではPDP-TV市場の縮小に加え、低コスト化を推進するユーザーからAS-HCを要求する声が強くなりましたが、プレイヤーが少なくなったことで、反射防止フィルムメーカーの中にはPDP用途において「残存者利益が確保しやすくなった」との見方を示すところもあります。これらのボリュームゾーンに加え、2010年より、タッチパネル向けの需要が増大している他、2013年からOLED-TV用途の需要拡大が本格化する兆しが高まっています。


20 Sep

NEC、約249gの超軽量7型タブレット端末を発表

NECは9月18日、超軽量の7型タブレット「ドコモタブレットMEDIAS TAB UL N-08D」を商品化したと発表した。同製品は東レのカーボンファイバを採用、7型サイズでコミック1冊分に相当する約249gの軽量化と7.9mmの薄型化を実現。また、この筐体と米Immersionが開発した振動技術を組み合わせることで、リアルな触感を端末全体で
体感できるようになったという。さらに、高性能デュアルコアCPU「MSM8960」(1.5GHz)やAndroid 4.0を搭載、「Xi」に対応している。9月20日より全国のドコモ取扱店で販売が開始される。




当サイトの記事検索ができます。 ↓キーワードを入力ください
Loading

過去の記事
訪問者数

ギャラリー
  • 強さの秘密は「ぶれない」「媚びない」「悩まない」にあり!アジアの勝ち組企業「LGエレクトロニクス」編
  • スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始
  • Samsung postpones production of flexible AMOLED screens
  • ソニーが4K×2K対応の84型液晶テレビを日本でも発売
  • 「iPhone 5」の部品コスト、16GB版は推定167ドル
  • サムソンが反iPhone5の全面広告
  • [台湾報道] iPhone5、サプライチェーン・部品供給と業界動向
  • 存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」
  • 中国内陸、世界の精密工場「富士康」(フォックスコン) iPhoneもここから
  • BOE to set up new 8.5G plant in Hefei
最新コメント
QRコード
QRコード