return_to_forever

Flat Panel TV and Display World + Solar Power beyond

薄型テレビと関連する液晶・有機EL・プラズマ技術、業界企業そして市場トレンド情報を掲載していきます。 このブログで激しい市場の動きに追随できます。---- Since Nov.2004

中国

14 Oct

MicrosoftがSurface製造工場を中国に建設とのうわさ

WMPoweruserは13日、マイクロソフトの内情に精通し、マイクロソフトの従業員に近い筋からの情報として、マイクロソフトが中国国内にSurfaceを製造する独自工場を建設したと伝えています。工場の規模は「巨大」とされており、試作品はもちろんのこと量産品の製造がおこなわれるとしています。


続きを読む »
12 Oct

中国の華為技術とZTEは安全保障上の脅威、取引解消を

米下院情報委員会は8日、中国の通信機器大手、華為技術HWT.ULと中興通訊(ZTE)に対する中国当局の影響力が米国の安全保障上の脅威となる恐れがあるとする報告を公表し、米通信会社に両社との取引を控えるよう促した。

委員会は11カ月にわたり2社に対する調査を実施した。今回の報告書は、米市場での事業拡大を目指す両社にとって痛手となるほか、米中関係の緊張のを招く可能性もある。




続きを読む »
2 Oct

BOE/CSOT、32型TV用パネルの月間出荷台数が100万台を突破

DigiTimesによると、中国BOE TechnologyとChina Star Optoelectronics Technology(CSOT)の32型TV用パネルの月間出荷台数が100万台を突破したという。歩留り改善や技術レベルの向上に加え、大口顧客向けでの採用が寄与している模様。中国政府は地場メーカーの生産能力の拡大を資金面で支援する一方、海外メーカーへの関税を強化。これにより第6/第8.5世代ラインでの出荷が増大し、5~6月の中国向けTV用パネルの出荷では、BOEが台湾AU Optronicsと韓国LG Displayを上回ったという。
24 Sep

2012年Q4に中国製スマホ向けパネルの需要が旺盛に

DigiTimesによると、国慶節商戦により、中国製スマートフォン向けパネルの需要が2012年第4四半期に前期を上回る水準で旺盛になる見通しという。1000人民元(約1万2700円)のスマートフォンをはじめ、携帯端末の買い換え時期にあたる点も追い風になる見込み。このため、台湾Chimei Innolux(CMI)は中国製のエントリーレベル向けスマートフォン向けパネルの製造に注力している。中国の携帯端末ユーザーは10億人相当で、このうち、スマートフォンのユーザー数は3億人に上るとみられている。
20 Sep

Almost all China-based integrated solar makers facing financial pressure, says LDK Solar president

China-based LDK Solar recently announced a huge net loss for the second quarter. On September 18, 2012, the firm held a product launch for its M3 high-efficiency solar wafers in Taipei during which company COO and president, Xingxue Tong noted that almost all China-based vertically integrated solar firms are currently facing financial problems due to oversupply in the global market.


続きを読む »
11 Sep

中国の地場オンライン小売業者、TVの価格競争へ

DigiTimesによると、中国の地場オンライン小売業者の間でTVの価格競争が起こり始めているという。中国政府はLCD-TVを含めた省エネに関する助成金政策を打ち出しており、このことが地方の消費者による購入増加につながっている。オンライン小売業者は、値下げにより効率的な在庫処分ができると考えており、他社との競争にも寄与すると見ている。



6 Sep

住友化学、液晶部材の中国生産白紙へ TV不振電機大手の事業縮小、素材に波及

 住友化学は液晶パネルの主要部材の中国生産を白紙にする方向で検討に入った。200億~300億円を投じ新工場を建設する計画だったが、液晶テレビ市場の頭打ちなどで部材需要も当初の予測を下回ると判断した。電機大手が液晶テレビ事業を縮小するなか、日本企業の強みだった高機能素材でも戦略の見直しが広がってきた。
 中国生産を計画していたのは、液晶パネルの中で光の通過と遮断を制御する役割の偏光板。住化、日東電工、韓国LG化学の3社で世界シェアの9割以上を占めている。住化の年間売上高は約1300億円とみられる。

続きを読む »
6 Sep

中国液晶大手3社、2012年Q2の出荷台数は前期比142.4%増に

DigiTimesによると、中国のLCDメーカーが力強い成長を遂げているという。主要メーカーであるNanjing CEC-Panda LCD Technology、China Star Optoelectronics Technology(CSOT)、BOE Technologyの3社合計の出荷台数は、2012年第2四半期に前期比142.4%増の伸びを示した。各社の歩留りが改善し、生産能力が拡大しているためという。一方、2012年第3四半期には同34.3%増、同年第4四半期には同6.7%増と、次第に伸びは鈍化する見通しとしている。


30 Aug

[管理人推薦記事] 日本を超える中国工場

「本当にここまで自力でやったんですか」
深セン郊外に展開する工場を見学して、その工場の管理レベルの高さに目を疑った。 

 「食堂はさすがに、ここまでではないだろう」と思ったら、その予測も外れた。社員食堂もきれいに清掃が行き届き、テーブルの上は見事なほどにきれいだ。机も椅子も一直線に並べられている。私はこれまで中国現地の工場を何度も見てきたが、ほとんどの工場の社員食堂は不潔で、清掃をしたことがあるのかと疑うようなところすらあった。

 「最初の1年間、改善は無理ではないかと何度も諦めかけました。それほど、当初、現場にとっては、改善は受け入れがたいものだったのです。しかし、1年半ほどで効果が現れてきました。このころから幾つかの改善のための小集団活動が生まれ、自主的な活動を始めたのです」  
Move to full article "日本を超える中国工場"

24 Aug

中国TVサプライヤー、大面積4K2K LCD TV発売予定

来月10月に控えた中国祝日TV販売の増加期待の中で、中国TVサプライヤーKONKAとSkyworth Digital Holdingsが84インチ4K2K超高解像度LCD TVを共同発表する計画と、消息筋が伝えた。
中国は世界最大のTV市場で、これまでの中国では、低スペックLCD TVの潜在的需要が高かった事は事実だが、中国祝日販売期間には、大面積LCD TVの販売が増加してきている。このため、バリエーションの隙間需要も明らかに存在すると考えられている。
一方、消息筋はフォックスコン・テクノロジーとシャープが約1,300 USドルで60インチLCD TVの発売を準備しており、中国全土で様々な販売網を構築しているフォックスコンの様なメーカーと対抗するために、中国TVメーカーも努力していると伝えた。
今年末に韓国TVメーカーが発売する大面積AMOLED TVが、LCD TVと性能や画質の面で対抗出来るレベルとの見方があり、LCD TVが価格競争力の面でより優位になるだろうと中国消息筋では予想されている。



当サイトの記事検索ができます。 ↓キーワードを入力ください
Loading

過去の記事
訪問者数

ギャラリー
  • 強さの秘密は「ぶれない」「媚びない」「悩まない」にあり!アジアの勝ち組企業「LGエレクトロニクス」編
  • スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始
  • Samsung postpones production of flexible AMOLED screens
  • ソニーが4K×2K対応の84型液晶テレビを日本でも発売
  • 「iPhone 5」の部品コスト、16GB版は推定167ドル
  • サムソンが反iPhone5の全面広告
  • [台湾報道] iPhone5、サプライチェーン・部品供給と業界動向
  • 存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」
  • 中国内陸、世界の精密工場「富士康」(フォックスコン) iPhoneもここから
  • BOE to set up new 8.5G plant in Hefei
最新コメント
QRコード
QRコード