アルバックは10月11日、サウジアラビアSaudi Basic Industries(SABIC)と自動車用樹脂ガラス部品の量産用プラズマ成膜装置「ULGLAZEシステム」を共同開発したと発表した。SABICの樹脂製品「LEXAN」と「EXATECプラズマ成膜技術」を最適化した装置で、リアクォータ、サイドウインドー、リアウインドーなどの耐久性などが必要な樹脂ガラス部品の製造が可能。この他、家電製品用ディスプレイや半導体、太陽電池用部材などへの応用にも適しているとしている。