パナソニックは2013年初頭から、新開発の光配向技術を採用した中小型液晶パネルの量産を始める。従来技術に比べて10%以上の高開口率化を実現し明るい表示が可能で、コントラストも20%以上向上する。消費電力は同輝度のパネルに比べ約1割下がる。
 タブレット端末(携帯型情報端末)向けなどに超広視野角の1インチ当たり300画素(300ppi)超の高精細液晶パネルを量産する。新技術を姫路工場(兵庫県姫路市)に全面適用し、韓国や台湾、日本の競合メーカーに対する競争力に結びつける。



 パナソニックはIPS方式と呼ばれる液晶パネルを製造しており、これに光配向技術を適用する。約10年前から開発を進め、焼き付きなどの課題を解消し、このほど量産技術を確立した。従来は「ラビング法」と呼ばれ、布を巻いたローラーを配向膜に接触、摩擦することで、配向膜に溝のような構造をつくり、液晶分子を並べていた。