米NPD DisplaySearchは7月10日、世界TV出荷動向に関するレポートを発表した。それによると、2012年の世界TV出荷台数は前年比1.4%減の2億4500万台になる見通し。このうち、LCD-TVは同5%増の2億1600万台になるという。地域的には、中国やアジアパシフィック、中南米、中東、アフリカなど新興市場が牽引している。また、LCD-TVのうち、LEDバックライトの搭載比率は2011年の45%から2012年は69%まで拡大する見込み。この他、2012年の3D-TVの出荷台数は前年比74%増と大幅に増加し、特に西欧や中国では全出荷台数の約30%を3D-TVが占めると予測している。