韓国BOE HYDIS Technologyは5月31日、会社更生法に関する認可が確定したと発表し
た。同社が提出していた更正計画案に関する審議が、ソウル中央地方裁判所第3破産
部で開かれ、構成担保権者から90%、更正債権者から97%の同意を得て認可された。
同社はTFT-LCDの過剰供給や価格の下落による収益の悪化、一時的な流動性危機に伴
い、会社更生法を申請したが、独自の「AFFS(Advanced Fringe Field Switching)」
技術に代表される技術力や、中小型LCD市場での競争力、顧客との強固な協力関係な
どから更生の可能性が認められ、認可されたとした。