return_to_forever

Flat Panel TV and Display World + Solar Power beyond

薄型テレビと関連する液晶・有機EL・プラズマ技術、業界企業そして市場トレンド情報を掲載していきます。 このブログで激しい市場の動きに追随できます。---- Since Nov.2004

27 Sep

CMI/AUO、中小型OLED(有機EL)パネルの歩留り上がらず

DigiTimesによると、台湾Chimei Innolux(CMI)とAU Optronics(AUO)が中小型有機EL(OLED)パネルの生産で低い歩留りに悩まされているという。CMIのカラーフィルタ付き白色OLEDパネルの生産ラインは、歩留りが直近20%に留まる。高い材料コストおよび予想以上の低歩留りにより、量産開始は2013年第2四半期以降にずれ込む可能性も指摘されている。一方、AUOの4.3型(257ppi)OLEDパネルの歩留りは50%で、既存の真空成膜プロセスを採用しているという。



27 Sep

「鴻海ありき」に陥ったシャープの危機的な未来

 「率直に言って、シャープの将来性は厳しい」

 シャープとも関連浅からぬ企業のトップがシャープへの思いを赤裸々に語った。

 「シャープはこれまで次々に新しいものを生み出すことで食べてきた会社。しかし、それらは皆、長続きしなかった。液晶テレビも太陽光パネルも。莫大な設備投資を前提とするビジネスは、減価償却を終えてからが本番。設備を使いまわし、減価償却の後で利益を出しながら、次の新しい投資をするというサイクルが健全な経営のあり方だ。しかしシャープは、ヒット商品は出すけれど、継続性がないものばかり。先がまるで見えなくなった」

 シャープはいったいどうなってしまうのか?

 巨額の赤字決算をよぎなくされた今年3月以降の経緯から見て行こう。

 continue to full article "「鴻海ありき」に陥ったシャープの危機的な未来 by 財部誠一"


26 Sep

携帯電話・スマートフォン向けディスプレイの市場動向

2012年Q2の携帯電話・スマートフォン向けディスプレイ市場は、YOY-4%、QOQ-5%の月産平均約1億2,000万枚で推移した。例年どおりであれば、Q2は出荷量が拡大するタイミングである。しかし今年は主要端末メーカーがディスプレイ調達を慎重に行ったことから、前期に対し出荷量が減少する結果となった。
特にiPhone5の買い控えの影響を受けたハイエンド端末が不振であり、LTPSモジュールの出荷量は大幅に減少した。

端末メーカー別の状況は、NokiaがLTPSの調達量を大幅に減少させた他、AM-OLEDの調達量も減少するなど、ハイエンド製品で苦戦が続いている。同社はWindows OSを搭載した「Lumia」シリーズの新機種を発表し、北米市場でのプロモーションに注力したものの、市場の注目は得られていない状況にある。




続きを読む »

25 Sep

AUOカルテル訴訟、罰金5億ドル判決

日台韓の大手液晶パネルメーカーが米国でカルテルを結び、不当に価格を操作していたとして反トラスト法(独占禁止法)違反に問われた事件で、唯一無罪を主張して争っていた友達光電(AUO)に対し、サンフランシスコ連邦地方裁判所は米国時間の20日、罰金5億米ドルの支払いを命じる判決を下した。 米国の反トラスト法違反の裁判で1社に対する罰金額としては過去最高となった。AUOは21日判決に遺憾の意を示し、上訴する考えを表明した。中央社などが21日報じた。
事件は2009年、AUOと旧・奇美電子(CMO)、韓国のLGディスプレイ(LGD)、シャープなどが01~06年に価格カルテルを行ったと米司法省に告発されたもので、AUO以外のメーカーはいずれも罪を認めて和解金などを支払った。裁判になったのはAUOだけで、今年3月、米カリフォルニア州北部連邦地裁の陪審団より有罪評決が言い渡されていた。 今回の判決は、米国の反トラスト法違反訴訟の歴史で、重要な意味を持つと米ウォール・ストリート・ジャーナルが先日報じていた。




続きを読む »

25 Sep

LG Display、Apple「iPad」向けパネルの70%を製造

DigiTimesによると、韓国LG Displayは米Appleの「iPad」向けパネルの70%を製造しているという。これに伴い、韓国Samsung Electronics、シャープ、台湾ChimeiInnoluxの出荷数が減少している模様。
Samsungは元々、iPad向けパネルの出荷の割合が大きく、7月の出荷台数は100万台以上となったが、8月は70万台に減少したという。




25 Sep

鴻海傘下の富士康、労働者間の争い受け中国北部の工場を閉鎖

台湾の精密機器メーカー、鴻海精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン・テクロノジー・グループ)は、24日未明に中国北部の太原工場の寮内で、異なる生産ラインの労働者同士の争いが起きたことを受け、同工場を閉鎖した。

 同社のスポークスマン、ルイス・ウー氏によると、太原工場は、自動車電子機器の部品製造やさまざまな電子装置の組立を手掛けており、労働者数は約7万9000人。

 フォックスコンは警察当局の発表として、約40人が病院で治療を受けており、逮捕者も多く出ているとしている。




続きを読む »

24 Sep

2012年Q4に中国製スマホ向けパネルの需要が旺盛に

DigiTimesによると、国慶節商戦により、中国製スマートフォン向けパネルの需要が2012年第4四半期に前期を上回る水準で旺盛になる見通しという。1000人民元(約1万2700円)のスマートフォンをはじめ、携帯端末の買い換え時期にあたる点も追い風になる見込み。このため、台湾Chimei Innolux(CMI)は中国製のエントリーレベル向けスマートフォン向けパネルの製造に注力している。中国の携帯端末ユーザーは10億人相当で、このうち、スマートフォンのユーザー数は3億人に上るとみられている。
24 Sep

2012年偏光板市場トレンド アクリルフィルム採用動向

LCD用偏光板は、PVAフィルムにヨウ素を吸着・配向させることで偏光機能を持たせる。PVAフィルムをLCDセルに貼り合わせる際に使用される保護フィルムとしてはTACフィルムが主流であるが、2012年下期より保護フィルム用途にアクリルフィルムを採用した偏光板が登場する。

アクリルフィルム採用の背景には、偏光板の薄型化要求が挙げられる。アクリルフィルムはIPS用の0(ゼロ)位相差フィルムとして、40μm以下のフィルムが既に製品化されている。薄膜アクリルフィルムを保護フィルムにも採用することで、偏光板の薄型化に大きく寄与することが可能となる。

偏光板に使用するアクリルフィルムには、通常の光学用アクリル(PMMA)フィルムよりも薄膜でありながら、TACと同等の柔軟性を確保することが求められる。そのため、大手偏光板メーカーでは、数年前から偏光板用に適したアクリルフィルムの研究開発を行ってきた。すでに一部のメーカーは製膜・延伸などの製造技術を確立しており、2012年末からPVA保護用途でのアクリルフィルムの出荷を開始する予定である。




続きを読む »

24 Sep

太陽電池用Poly-Si、Tier 1サプライヤーは減産を検討すべき

米IHS iSuppliは9月14日、太陽電池用Poly-Siについて、8月に価格下落が進行したものの、業界で供給過剰を緩和させようとする動きが見られず、Tier 1のサプライヤーは市況を安定させるために減産を検討すべきと発表した。9Nグレード品を見ると、8月の大口価格は27.80ドル/kg、スポット価格は21.90ドル/kgとなっており、これはスポット価格の下落が一段と進み両者のギャップが拡大したためという。また、6~8Nグレード品の大口価格は22.7ドル/kg、スポット価格は20.10ドル/kgとなった。9~10月の価格は回復基調に転じそうだが、欧米とのアンチダンピング問題で不確実性が増している。また、Tier 1サプライヤーの工場稼働率は引き続き高い水準にあり、もしこの水準を維持し続けると、Poly-Siの供給過剰は今後12か月間続くだろうと予想している。



22 Sep

2012年のMOCVD装置市場、アジアが全体の90%へ

DigiTimesによると、2012年のMOCVD装置市場は台数ベースでアジアが全体の90%を占める見込みという。前年比で10ポイント増となるもので、地域別シェアは中国が68%、台湾が13%、韓国が5%、日本が4%、欧米その他が10%となる見通し。ただし、日韓台のLEDチップメーカーは競争力を維持しており、中国メーカーは引き続き大幅な技術的改善を図る必要があるだろうとしている。



21 Sep

シャープ“9月危機説”とインテル報道の真相

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業との提携交渉が難航しているシャープが、半導体世界最大手の米インテルと資本提携交渉中との報道が出た。シャープは資本提携交渉を否定したが、同社を取り巻く複雑な事情が垣間見える。

 両社の資本提携交渉は21日付の毎日新聞が1面トップで報じた。インテルが300億円を出資する方向で10月中にも合意したい考えとしている。シャープは21日午前、「そうした事実はない」と否定するコメントを発表。中小型液晶の分野での業務提携検討にとどまるもようだ。同社の株価は17円高の219円まで急騰したが、その後はやや伸び悩んだ。

 シャープのインテルへの接近については月刊誌『ファクタ』10月号が報じている。同誌は片山幹雄会長が主導する『突飛なウルトラC』と表現している。というのも、パソコン用半導体では圧倒的なシェアを持つインテルだが、スマートフォンやタブレット向けでは後れを取っており、両社が手を組んでも、シャープが中小型液晶パネルの販売を拡大できるかは未知数だからだ。





続きを読む »

21 Sep

iPhoneをけなすサムスンの新広告をNYTが「皮肉を込めすぎ」と痛烈批判 広告専門家も「失敗」と酷評

米アップルと韓国サムスンの激しい特許訴訟合戦は、現在世界10カ国で繰り広げられている。8月には、米連邦地裁がサムスンにアップルの特許を侵害したとして、サムスンに10億5000万ドル(約826億円)の賠償金を支払うよう命じる判決を下した。しかし、東京で行われた裁判ではサムスンに軍配が挙がり、両社の争いは目が離せない状態だ。

そんな中、サムスンが新たな広告を打ち出した。サムスンの「GALAXY S3」とアップルの「iPhone5」の機能を比較し、いかに「GALAXY S3」が素晴らしいかを説明する広告なのだが、よく読むとiPhoneユーザーをバカにした内容になっているのだという。


続きを読む »

21 Sep

iPhone5に絶賛の声、「アップル史上最も美しい」の評価も

米アップルが21日に発売する新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」について、事前入手して実機を試した評論家やブロガーからは大絶賛の声が上がっている。英テレグラフ紙は「アップル史上ほぼ間違いなく最も美しい製品」と評価している。

iPhone5は、外部機器とつなぐドックコネクターが従来機種より小型化され、既存スピーカーなどとの接続に変換アダプタが必要になることが不評だが、全体的には評論家をうならせる完成度となっているようだ。

【送料無料】Think Simple [ ケン・シーガル ]

【送料無料】Think Simple [ ケン・シーガル ]
価格:1,680円(税込、送料別)




続きを読む »

21 Sep

シャープ:米インテルと資本提携交渉 300億円出資要請

シャープが、半導体世界最大手の米インテルと資本提携に向けて交渉を進めていることが20日、分かった。インテルがシャープに300億円超を出資する方向で協議しており、早ければ10月中にも合意したい考えだ。インテルはシャープの中小型液晶パネルの技術を高く評価しており、自社製半導体を使ったスマートフォン(多機能携帯電話)などの協業相手として有望視。経営再建中のシャープにとっては新たな出資先とパネル供給先を確保できるメリットがある。


続きを読む »

21 Sep

補償フィルムとTAC/アクリルフィルム

2011年のPVA 保護フィルム市場は面積ベースで7億4千万m2となり、今年は8億m2以上になると予測される。ベースフィルム別に分類すると、TACフィルムが7億5千万m2 (91%)で最も占有率が高く、COPフィルムが4千万m2 (5%)、アクリルフィルムが2千4百万m2 (3%)になると予想される。
金額ベースでは、今年のTN用補償フィルム・ワイドビュー市場の縮小や、フィルムメーカーの競争によ る価格下落のため、去年3,310億円の市場より若干減少した3,260億円 の市場を形成すると予測される。このうち、TACフィルムが約3,000億円規模を占めると見られる。
今年はPVAとPVA関連のフィルム陣営に大きな変化が起こると見られる。特に各メーカーがPVA-less、TAC-less実現の取り組みを推進させている。これは、LCD史上でも、フィルム開発や新たなフィルム/構成が最も活発な時期にあると言える。
特に様々な組み合わせの偏光板が登場しており、薄型ソリューションに関するニーズも従来以上に高まっている。この背景には ①材料費の削減、 ②タブレットPC/スマートフォンの登場、③富士フイルム独占からの回避などのニーズが挙げられる。


続きを読む »

当サイトの記事検索ができます。 ↓キーワードを入力ください
Loading

過去の記事
訪問者数

ギャラリー
  • 強さの秘密は「ぶれない」「媚びない」「悩まない」にあり!アジアの勝ち組企業「LGエレクトロニクス」編
  • スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始
  • Samsung postpones production of flexible AMOLED screens
  • ソニーが4K×2K対応の84型液晶テレビを日本でも発売
  • 「iPhone 5」の部品コスト、16GB版は推定167ドル
  • サムソンが反iPhone5の全面広告
  • [台湾報道] iPhone5、サプライチェーン・部品供給と業界動向
  • 存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」
  • 中国内陸、世界の精密工場「富士康」(フォックスコン) iPhoneもここから
  • BOE to set up new 8.5G plant in Hefei
最新コメント
QRコード
QRコード